ペタンクの基本動作や構えは?

SHARE

ペタンクの基本動作や構えは?

ペタンクの投球はアンダースローで行い、バックスピンをかけるために、手のひらを下にしてボールを離すのが基本です。これは、投げられたボールができるだけ目標の近くに止まるようにするためです。思い通りの場所へボールを寄せるためには、地面の状態やボールの配置をしっかり把握シた上で投球する必要があります。

また、大量得点を取るためには相手ボールを弾き飛ばすことがあり、そのためには、基本となる正しい身体の動きをマスターしなければなりません。

注意:手のひらを上にして投げても違反ではありませんが(通常のアンダースロー)、バックスピンをかけられないために、ボールの転がる距離を調整しにくくなります

ボールの握り方

手のひらで水をすくうようにボールを持ちます。指を開いたり、ボールを鷲掴みにすると、指が引っかかって投球の方向がさだまりにくく、バックスピンがかかりにくくなります。

親指は使わずボールに添える程度にし、4本の指でボールの重さを感じ取れるくらいに軽く包み込むように握ります。

身体の構え

サークル(投球する場所)の中で目標に対してまっすぐに向井、右利きの場合は右足、左利きの場合は左足を少し前に出します。膝を曲げて少し前傾し、ゆったりと構えます。

構え

手のひらを下にして、手首でボールを巻きつけるように構えます。

ボールの重みを利用して、目標に対して真っ直ぐに腕を引きます。このとき、目線はボールの着地点に置きます。

投球

腕を降り出し、投げる位置で肘が曲がらないように腕をしっかりと止め、同時に巻きつけた手首を解放します。このとき、腕はボールが飛んでいく角度でしっかりと止めます。

投球にはリズムが大事で、1で「構え」、2で「バックスイング」、3で「投球」といった、1→2→3のリズムで投球するのが良いでしょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です